イタリア相手に猛攻を仕掛けるもスコアレスドロー【U20 対イタリア戦】

未分類

決めておきたかったPK

あの時決めておけばって思いそうやなーと思っていたが、まさにそうなった試合。

前半11分、名古屋グランパス所属の伊藤洋輝選手のPKがイタリアのGKに決められた場面。

序盤から日本のペースだったので、ここで1点を取り楽な展開へと持っていきたい試合だったが、、、

その後、何度となくイタリアゴールに迫った日本代表だが最後までゴールを割ることは出来ず。

試合は0-0のまま終了。

U20ワールドカップの第3戦、日本対イタリアの話である。

イタリアはさすが守備の伝統のある国だなと思ったし、日本は相変わらず決定力がこれからも課題になるのかと少し感じた。

難敵揃いのBグループを無敗で2位通過

とはいえ、強豪がひしめき合うグループBにおいて、日本代表は堂々の2位通過。

1位通過しておくとベスト16の相手は3位通過しきたチームとの対戦だったので、テレビ観戦のくせに手汗が凄いたまごちゃん的には1位通過の方が落ち着いて観れていいなと思っていたが、2位通過の方が中5日で休みが多くなるんやね。

田川亨介選手や斉藤光毅選手が負傷したのもあるので、ゆっくり回復にあててもらいたい。

ここからの決勝トーナメントは、23人の総合力が問われると思う。

予選リーグであまり出番のなかった選手たちや、悔しい思いをした選手たちに是非ヒーローになってもらいたい。

特に伊藤洋輝選手には、大事な場面で決勝点とかとってほしいよね。

20年ぶりの快挙なるか?

これで予選リーグが終わったわけだけど、このチームは観ててワクワクするよね。

20年前の黄金世代の記録を抜けるんじゃないかとこっそり期待。

あの時は、決勝戦にキャプテンの小野伸二選手が累積警告で出場できなかったため、スペインに0-4と大敗。

しかし、今回のチームはすでに大会前からコパアメリカと怪我人で久保建英選手、安部裕葵選手、大迫敬介選手、橋岡大樹選手など主力メンバーが抜けている状態。

誰か一人に頼っているわけではなくて、誰が出てもチームが機能しているいい状態に見える。

いや、齊藤未月選手が欠けると苦しいか。

すでにイエローカードを1枚もらっている。

このまま何事もなく勝ち進んでくれるといいが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました